So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東京国立博物館 翠玉白菜で大混雑 [展示会]

東京国立博物館で開催されている


台湾の国立故宮博物院の国宝級の翠玉白菜が話題になって
いますね


翠玉白菜
yjimage.jpg

半分はみどり、半分はしろのヒスイ輝石(宝石)で白菜の形をした彫刻


白菜の下部の白い色や上部の緑が上手く再現している


葉の緑の部分にはキリギリスの彫刻もされている


翠玉白菜の彫刻の作者は誰か、伝わっておらず


1889年に初めて確認されたことから、光緒帝の妃(瑾妃)の持ち物だったとされている


中国の内戦時代に中国から台湾に持ち込まれたとされている


今回が初めて日本上陸で、展示されるのが2週間と


数日前にNHKで国立故宮博物院の特集番組が放送されため、東京国立博物館が大混雑している


ネット上でも混雑した事が話題になっている


2時間以上待ったとか、これ以上待ったら台湾に行けるなど大混雑している


これ以上待てないと見るの諦める人もいた


また翠玉白菜を見た人は、やっと見れた、本物の白菜みたい、120分待って見たのが
1分など、ツイッターで呟いている



確かに翠玉白菜を写真で見ると白菜の形をした宝石みたい


どうしたらヒスイ輝石を白菜みたいに彫刻できるのか、素晴らしい


東京国立博物館の 國立故宮博物院・神品至宝は7月7日まで展示される


また9月から九州国立博物館では、豚の角煮そっくりの肉形石が展示される
yjimage (1).jpg

肉形石は、豚の角煮の赤身や脂身が肉形石の模様になって、豚の角煮そっくりだ


世界には、変わった宝石があるもんだ。












スポンサーリンク






タグ:翠玉白菜
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。