So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

沢尻エリカ、ラジカルでの事件「シューイチ」で中山秀征に謝罪 [芸能]

最近、テレビで見かけなくなった沢尻エリカさん

image.jpg



中山秀征さんの番組「シューイチ」出演してましね。




沢尻エリカさんと中山秀征さんと言えば、


沢尻エリカさんが9月28日放送の日本テレビ系「ラジカル」にゲスト出演した際、


大先輩であるはずの中山秀征さんの質問に対して、


「あまりに失礼な態度」


「見ているほうがハラハラしてしまった」

話題になっていました。



その動画




「シューイチ」でMCをつとめる片瀬那奈さんの親友で


沢尻エリカさんが出演し「シューイチ」でMCをつとめる


中山秀征さん、以前、生放送にその節は大変失礼致しましたと謝罪した


その動画





中山秀征さん反応

「僕にとっては衝撃映像の数々でした」と笑顔を見せ、


生放送で対談で


私にとっては世紀の防戦となってしまいましたが…。


素顔の沢尻エリカちゃんはこういう子なんだね。



中山秀征さんと和解できて良かったですね。
タグ:芸能

恋愛が噂さている。石田純一さんの娘・すみれ(モデル)胸のカップは・・・ [芸能]

石田純一さんの娘でモデル・タレントのすみれ(23)

に大衆演劇俳優・早乙女太一(22)の弟で俳優の早乙女友貴(18)との

熱愛の噂が報道されていましたが、父親の石田純一さんが娘のすみれさんからは

恋愛報告はなかったと言ってましたね


すみれ プロフィール

image.jpg


芸名:すみれ

本名:松原すみれ

生年月日:1990年7月15日

出身地:東京都

学歴:米国のプナホウ・スクール卒業後、カーネギーメロン大学演劇学科に進学。現在、休学中

身長:175 cm

スリーサイズ:85 - 63 - 90 cm

胸のカップサイズ:非公開ですが、推定B-Cカップくらいだといわれています。

利き腕:左

事務所:スカイコーポレーション(モデル・タレント)


経歴

1997年、母とともに7歳でハワイに移住。

1999年に両親が離婚。その後は母親・継父・異父弟とハワイで生活(その後、母親は再び離婚している)。

2006年にモデルデビュー。

2009年、アシックスと契約。

高校までハワイで過ごし、2009年に米国カーネギーメロン大学演劇科に進学。

在学中の芸能活動を認めていないため2年生を終えた2011年の夏、

休学手続きを取って本格的な芸能界デビューを決断した。



最近では、TBSの「新・チューボーですよ!」☆ 六代目アシスタン

よくテレビで見ますよね


モデルのすみれ
yjimage.jpg
yjimage (1).jpg
動画:すみれ、ラムちゃんになるだっちゃ サントリー『リゲイン エナジードリンク』

実写版ラムちゃんでTVCMに登場




モデル時代やCMを見ると

胸のカップサイズは、B-Cカップくらいですかね(笑)



辻仁成さんの小説って学校の教科書に使われてましたよね [芸能]

作家でミュージシャンの辻仁成さんと中山美穂さんが離婚されましたね


辻仁成さんのブログで

「いつも応援してくださっている皆様へ」と切り出し、

「本日、離婚届けにサインをし、提出いたしました」と離婚を発表

「今後は息子とふたりで生きていくことになります。」とも記し、

長男(10)の親権は、辻が持つことになることを示唆した。


離婚されたのは、残念ですが子供がまだ10歳なので辻仁成さんには


頑張ったもらいたいですね。


何年か前に、辻仁成さんの小説って学校の教科書に使われてましたよね


辻仁成さんて小説家いろな賞とられてるんですね


1989年、『ピアニシモ』で第13回すばる文学賞を受賞し作家デビュー。


1991年、本格的に作家としての活動を始める。

1994年、『母なる凪と父なる時化』で芥川賞候補、『ミラクル』が青少年読書感想文課題図書になる。


1996年、『アンチノイズ』が三島由紀夫賞候補に。


1997年、『海峡の光』で第116回芥川賞を受賞



中学の教科書の載った「そこに僕はいた」


高校の教科書の載った「ミラクル」
【送料無料】ミラクル [ 辻仁成 ]

【送料無料】ミラクル [ 辻仁成 ]
価格:432円(税込、送料込)



「ミラクル」は有名な小説ですよね

人間は現実を生きる生き物で、大人になればなるほど、色々な物を失うのだ。

いつまでも忘れないで、なくさないでいれば子供のままでいられるのかもしれない。

子供のままでいることは良いことでもなければ、悪いことでもない。

また逆もしかり。

私たちは好きな方を選べばよいのだ。


読んだ、感想はこんな感じでしたかね


「そこに僕はいた」や「ミラクル」は学校の教科書になるだけあって

子供のころに考えさせられる良い小説ですね。


辻仁成さんには、これからもかんばってもらいたい



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。